2017年12月25日

中性子星ワークショップに参加

国立天文台(三鷹)で開催された、「中性子の観測と理論~研究活性化ワークショップ 2017」に中森、M1髙橋、B4荻原が参加して、パルサー観測用検出器の開発についてポスター発表を行いました。発表途中にガンガン質問が飛び交う活発な研究会で、質の高い発表と合わせてとても楽しい時間を過ごすことが出来ました。
荻原さん「聞いたことのある単語はいくつか出てきましたが、それでも難しかったです。しかし何度も繰り返し聞くことにより少しわかったような気がしてきていました。」
構内は一般公開されている施設がいくつもあり、ワークショップが始まる前に荻原さんが見学して回っていたそうです。

2017年11月13日

SMART2017研究会

研究会「SMART2017」で中森がPET検出器開発について招待講演を行いました。遅れて参加したため集合写真には映っていませんが...。また4年生の荻原さんと首藤くんがアルバイトとして研究会運営をサポートしました。4年生の二人にとっては研究会というもの自体が初めての経験となりましたが、学外の研究者や院生達と交流を深め、研究に関すること・そうでないことを夜遅くまで語り合えました。

首藤くん「初めて研究会に参加したので不安もありましたが、想像よりも和やかな雰囲気でした。講演やポスター発表はシンチレータ結晶の育成や液体シンチレータの純化、医療応用などこれまであまり触れたことのない分野の話が多く、知らないことばかりで非常に勉強になりました。また、同じ学部4年生の方々のポスター発表を聞き、自分も実のある研究をしようという思いが強くなりました。」

荻原さん「専門が違ったので専門用語も多くあり基本的に発表内容はが分かりませんでした。しかし、新しい事をたくさん知り、自分の研究への意見ももらえたので、とても有意義な会だったと思います。」

紅葉の終わった蔵王高原は雪がつもり始めるという冬景色でしたが、夜明け前の澄んだ星空がとても綺麗でした(時差ボケ)。

DSC_6757.jpgDSC_6767-2.jpgDSC_6800-2.jpg

2017年10月19日

宇宙線・若手研究会で口頭発表

東大宇宙線研究所で開催された「第2回 宇宙素粒子若手の会 秋の研究会」にM1高橋が参加し、卒業研究のフェルミ衛星の観測データ解析について発表を行いました。

初めて耳にする宇宙素粒子研究や光検出器開発に関する発表は、勉強になったのはもちろん、研究意欲に対する良い刺激にもなりました。

また、懇親会などを通して他大学の修士・博士過程の学生や若手研究者のみなさんとの交流を深めることもでき、とても有意義な研究会だったと思います。

開始前の様子_preview.jpg

研究会開始前の様子

宇宙線研1_preview.jpg

東大宇宙線研究所

2017年9月24日

重力波の研究会に参加

京都大学で開催された新学術領域「重力波創世紀」キックオフミーティングに中森が参加しました。

重力波の初検出が報告されて以来、物理学・宇宙物理学分野で最もホットな研究領域の一つと言えるこの分野ですが、個人的にまとまった話を聞く機会が少なかったので知らなかったことも多々あり(そしてついていけなかったところもありますが)、とても勉強になりました。

2017年9月13日

日本天文学会で口頭発表

北海道大学で開催された日本天文学会へ中森がイギリス出張からハシゴで出席し、パルサーの高速可視光観測装置開発について口頭発表を行いました。歴代の卒研生が積み重ねてきた成果をまとめて発表しました。このテーマはまだまだ宿題がたくさん残っており、引き続き今年の卒研生とともに開発を続けます。

DSC_6232.jpg

2017年9月 8日

検出器の国際会議で口頭発表

イギリスのミルトン・ケインズで開催された国際会議、Position Sensitive Detector 11に中森が参加し、3月に修了した倉本さんの修士論文に沿った、TOF-PET検出器開発に関する口頭発表を行いました。

素粒子・原子核・宇宙・医療の各方面での検出器開発の最先端が一望できる楽しい会議です。集まっている人の分野が広いので、知り合った外国人研究者と次に会えるのはいつになるのか予想もつかないのが残念ではあります。

IMG_2716.JPG

2017年8月11日

オープンキャンパス

オープンキャンパスで物理学コースの模擬講義「最強の光を見る」を中森が担当しました。その時の様子が理学部のウェブサイトに掲載されました。

午後の研究室公開では、B4の首藤くんと荻原さんが、放射線検出器の実物を見せたり実際に動作させたりして来場者に紹介してくれました。

2017年7月 1日

星のソムリエ講座

NPO法人小さな天文学者の会が主催する「やさしい宇宙講座」の講師を中森が実施しました。毎年スタッフをつとめている当研究室の大学院生・卒研生もいます。

例年どおりの「宇宙はどんな世界」という天文学の基本的なことを概観する座学講座に加えて、今年は「望遠鏡を使ってみよう(屈折式・経緯台)」という実技の講座も担当しました。「星空案内人(R)」(別名:星のソムリエ)を目指す市民や大学生を中心に毎回大勢の方が熱心に受講されています。

portan_jitsugi.jpg

2017年5月24日

共同研究に採択

昨年に引き続き、生体医歯薬工学共同研究に採択していただきました。頂いた支援をもとにコンプトン散乱型PET装置の開発をさらに進めたいと思います。

2017年5月21日

宇宙線研出張

東大宇宙線研究所で開催された、CTA Japan MC/ASグループのソフトウェア講習会に参加しました。

中森は解析ソフトウェアの1つについて解説プレゼンを担当しました。M1の髙橋君も講習会に参加して学習しただけでなく、自分がこれまでにやった仕事についての短いプレゼンを行いました。よく準備出来ていたという言葉を他大学のスタッフから頂きました。今後の活躍にも期待します。